引越しトラブルと予防 引越しトラブルが発生する前に

引越しトラブルと予防 引越しトラブルが発生する前には、
引越しで起こりうる問題を先にシュミレーションできるようにいろいろな状況についてまとめました

引越に関わるトラブル回避術

契約に関わるトラブル

契約に関するトラブルとしては、賃貸住居の場合の貸主との家賃や敷金の問題が挙げられます。契約時に定められていた日までに退去の連絡をしていなかったり、敷金の範囲内で退去後の掃除が出来ないほどの汚れや破損があったりした場合は、余分な家賃や費用を支払うことになったりします。これらは、契約の内容をしっかりと確認しておく、あるいは賃貸物件である以上、日頃からの掃除や住居の使い方を気をつけるように心掛ける事で防げると思います。賃貸住居からの退去時の原状回復については次のページで詳しくお話したいと思います。

他によくあるトラブルとしては、新居の状況が契約と違っている場合があることでしょう。駅まで徒歩○分としてあったのに、実際歩くとかなり違うことがあります。宣伝時は単純に距離で換算していますので、地図で確認する、あるいは実際に歩いてみて納得した上で契約をするようにしましょう。また、駐輪場があることは知らされていたが、実際行ってみると自転車がいっぱいで自分の自転車が停められない、ということもよくあるようです。事前にしっかりと確認し、対応策を管理者と相談しておくようにしましょう。

新築物件の場合や、契約時に前の居住者が住んでいる場合など、実際に現場を見ることができず契約し、思っていた間取りと違っていることもあります。店舗として使用する物件で、業務に支障をきたすという場合には契約を解除することが出来ますが、居住する物件で多少の違いがあるというような場合は契約の解除は難しいでしょう。ただし、広さがかなり違い、家具が入らないというような場合は管理者に相談してみましょう。