引越しトラブルと予防 引越しトラブルが発生する前に

引越しトラブルと予防 引越しトラブルが発生する前には、
引越しで起こりうる問題を先にシュミレーションできるようにいろいろな状況についてまとめました

引越に関わるトラブル回避術

原状回復はどこまで?

賃貸住居からの退去時に、原状回復をどこまですれば良いのか判断が難しいことがあります。退去する際の最も多いトラブルではないでしょうか。

近年このトラブルが多いことから、国土交通省より「原状回復のガイドライン」が公表されました。ここでは原状回復といっても、借りた時の状態に戻さなければならない、ということではないということが明確にされました。賃借人は、通常の使用において発生するものについては賃料として支払っている、と明文化されています。普通に生活していれば畳やクロスなどは汚れていきますので、契約通りの方法で退去することになります。ただし、賃借人の管理が悪い場合や過失があった場合は、修繕費用を一部負担することになります。この場合も、経過年数とともに劣化した部分が含まれ、その部分は賃料として支払っているので、修繕費用の全額を負担するということではありません。

このトラブルを防ぐには、契約時に貸主と借主とで住居内設備などの状態をしっかりと確認しておく必要があります。また、退去時の契約内容がガイドラインに沿ったものであることを確認しておくことも忘れないようにしましょう。貸主が入居時の住居の状態を管理することは当然ですし、借主は過失が無いように生活することを心掛け、お互い気持ちよく引き渡しできることが理想的です。

退去時に、貸主側が高圧的な立会いをし、不当な修繕費用を請求されることなどがあったら、国民生活センター、消費生活センター、行政機関の相談窓口などに相談しましょう。