引越しトラブルと予防 引越しトラブルが発生する前に

引越しトラブルと予防 引越しトラブルが発生する前には、
引越しで起こりうる問題を先にシュミレーションできるようにいろいろな状況についてまとめました

上手な引越後

各種手続き

ここで引越後に行わなければならない各種手続きについてまとめておきましょう。

転入届は、新しく住むことになった市区町村役所で、転入後14日以内に手続きを行います。前に住んでいたところの転出証明書が必要ですので、これは引越する前に忘れず発行してもらいましょう。転出後に転出証明書を発行してもらうことも出来ますが、14日以内に転入届を出さなければならないので、遠い地域に引越した場合は大変な事になります。同じ市区町村内で引越をした場合は、転居届を提出しなければなりません。他に市区町村役所で行う手続きは、国民健康保険、国民年金、印鑑登録などがあります。児童手当や医療費助成を受けられる方は、その手続きも同時に終わらせられるように、前もって手続き方法を調べておきましょう。健康保険が社会保険の方は、お勤め先で住所変更の手続きを行います。

電気は、ブレーカーを上げれば使用できます。メーターやブレーカーのところに使用開始手続きの用紙が備え付けてありますので、記入しポストに投函します。ガスは、使用する前に開栓工事に立会いする必要があります。引越当日からガスを使用するためにも、前もって新居のエリアのガス会社に入居日の連絡を入れておきましょう。水道は、使用開始申込書に記入しポストに投函します。電気、ガス、水道の契約方法は、地域や住居によって異なる場合がありますので、分からない場合は管轄する会社や水道局、マンション管理者などに確認しましょう。