引越しトラブルと予防 引越しトラブルが発生する前に

引越しトラブルと予防 引越しトラブルが発生する前には、
引越しで起こりうる問題を先にシュミレーションできるようにいろいろな状況についてまとめました

引越後の悩みや不安

騒音の悩みを防ぐためには

マンションなど集合住宅では、騒音に対する不安、悩みはつきものです。集合住宅である以上、近隣からの音をまったく遮断してしまうということは不可能ですが、悩まされるほどのことにならないでいたいものですね。せっかくの新生活が騒音トラブルで台無しにならないよう、部屋を探す段階でしっかりとチェックしておくことを紹介しますので、参考にして下さい。

部屋の位置は、できるだけ最上階か角部屋を探しましょう。隣との境目にキッチンや収納が配置されている間取りの部屋を選ぶこともポイントです。マンション内はきれいに掃除されているか?騒音への注意書きのような張り紙がないか?というようなことも、管理体制がしっかりしているかどうかがわかりますので、気をつけて見ておきましょう。

ここからは少し専門的な知識が必要なことですが、簡単に紹介します。建物の構造は、SRC造ではなく、RC造の鉄筋コンクリートを選ぶようにしましょう。フローリングなどに軽量床衝撃音を示す「LL値」を表記して物件を紹介しているところもあります。数字が小さくなるほど遮音性は高いと言えますが、「LL45」以下を目安に選ぶと良いでしょう。

コンクリートの厚みをスラブ厚と言いますが、これが27cm以上であれば、子どもが飛び跳ねた時などの衝撃音の対策として充分といえます。ただし、完全に防げるかというと、そうではないので、モラルを持って生活されているかどうかでしょう。やはり、マンションの管理体制がしっかりしているかどうかが重要だと思います。