引越しトラブルと予防 引越しトラブルが発生する前に

引越しトラブルと予防 引越しトラブルが発生する前には、
引越しで起こりうる問題を先にシュミレーションできるようにいろいろな状況についてまとめました

上手な引越後

ご近所への挨拶

新居に移ってからのご近所への挨拶は、どんな人が住んでいるのか分からないのに、と考えると億劫な気持ちにもなりますね。でも、逆にご近所さんも、どんな人が引越してきたのかと思っているはずです。当日か翌日のできるだけ早い段階で、粗品を持って挨拶に行きましょう。引越業者が帰った直後に行くのが一番良いでしょう。荷解きを始めてしまったら、キリがつかなくて翌日になってしまった、ということになりがちです。熨斗をつけることで名前を覚えてもらうこともできます。挨拶に行くことで、地域の情報を教えてもらうこともできますし、お互いにどんな人かが分かれば、それから先は自分も暮らしやすくなります。

一般的には、一軒家の場合はお向かいの3軒と両隣に、マンションだと両隣と上下の階に挨拶をすることが多いようです。ただし会社の社宅などのように、住人同士の関係が深いところでは、今後のことも考えて全棟の住人に挨拶をしておいた方が良いでしょう。粗品の予算は、だいたい500円から1000円くらいのもので良いでしょう。タオル、石けん、クッキーなどが無難だと思います。留守が多いお宅には、簡単な挨拶状を添えて郵便ポストに入れておく方法でも構いません。ポストに入れておくことも想定して、粗品はかさばらないものを選ぶようにしましょう。

マンションの場合は、大家さんや管理人さんに挨拶することも必要です。大家さんや管理人さんには、これからお世話になるのですから、ご近所さんよりも少し高価なものにした方が良いでしょう。